大工として

家を建てるは志し、人をつくるは心意気。

HOME > 大工として

幼い頃、甚目寺が私の遊び場でした

楽しいことも悲しいことも、たくさんの思い出が詰まったこの土地に、建築業を通じて私ができることは…。

あま市への想い

和風住宅の大きな特徴の一つに木をふんだんに使用する点があげられます。大工にとって木へのこだわりは、必然かもしれませんね。

大工として

みなさん、次のような悩みで お困りでは、ありませんか?

和の心 伝統技術を大切にする サイトウ建築が 生み出すのは 温故知新な和風住宅。

工事の進み方

新築・リフォーム工事を依頼した場合、どのように進んでいくのか?こちらでご紹介!

>>>工事の流れを詳しく見る

各種リフォーム メニュー

水廻りをはじめ、外壁や内装、 床下暖房工事まで、さまざまな リフォームサービスをご用意!

リフォームメニューを詳しく見る

サイトウ建築株式会社

〒 490-1111
愛知県あま市甚目寺桑丸56
TEL.052-444-0269
FAX.052-444-0879

建設業許可:
愛知県知事許可(般ー27)
第56693号

>>>会社概要
>>>お問い合わせ

あま市 大工ブログ 地元で生きていくという事

国家プロジェクト!大工 育成塾

大工としてサイトウ建築ができること

大工としての誇りについて

木に囲まれて育った幼少期

おそらく、大工で木が嫌いな人聞はいないと思います。私ち同様、木のことが大好きです。子供のころから慣れ親しんできたあの香りは、いくつになってもたまりません。建材としての魅力はというと、やはり飽きがこないところですね。

張った瞬間から劣化がはじまる他の床材や壁材と違って、木は使い込むほどに味が出てきます。「暮らししと共に育っていく」と表現しても間違いではないでしょう。

頼られる近所の大工として

31歳で独立してからこれまで、サイトウ建築
の5代目として受け継いだ看板に恥じぬよう、
魂をこめて仕事に取り組んできました。

ご依頼をいただくのは地元・あま市をはじめ、
稲沢・蟹江・名古屋のお客様がほとんど。当社
は「現代和風住宅」と「住みやすい家づくり」
に対して確固たる自信があります。地域密着の大工とし
て陰日向に精進していきます。

木に関するキャッチコピー

ずっと飽きることのない建材

おそらく、大工で木が嫌いな人聞はいないと思います。私ち同様、木のことが大好きです。子供のころから慣れ親しんできたあの香りは、いくつになってもたまりません。建材としての魅力はというと、やはり飽きがこないところですね。

張った瞬間から劣化がはじまる他の床材や壁材と違って、木は使い込むほどに味が出てきます。「暮らししと共に育っていく」と表現しても間違いではないでしょう。

品種ごとに質が異なる面白み

数ある材木のなかでも私が最も好きなのは木曽
ヒノキです。ブランド材木としてトップに
君臨するだけあり、やはりこの木はモノが違いますね。

伐採量の少なさも影響して値は張りますが、
目の細かさも香りも他とは別格。あと、ケヤキも
素晴らしいですよ。フェラーリのような木…というか、
とにかく暴れるんですよ(笑)。扱いこそ難しいですが
それだけ風合いには素晴らしいものがあります。

大工の未来についてのタイトル

サイトウ建築は大工育成塾の受入工務店です

日本建築は世界中から称賛される優れた伝統技術で
す。しかしなから昨今、この技術の担い手である大
工が減少傾向にあります。ひとりの大工として、こ
れはとても寂しいこと。そこで当社は、国家プロジ
ェクト「大工育成塾」の受入工務店として、後進の
育成に勤しんでいます。

最近の若いもんは…といつの時代も世間様は眉をひ
そめますが、私は「いつの時代も若いもんは同じだ
なぁ」と感じている今日この頃です(笑)。

国家プロジェクト「大工育成塾」

国土交通省からの補助金をもとに運営展開する
「大工育成塾」は、日本の貴重な建築技術を後世
につなげることを目的に発足した国家プロジェク
トです。3年間に渡って大工技術の理論について
の教室講義、受入工務店での現場修行を通じて未
来の大工職人を育成します。
対象となるのは大工の経験がない方、もしくは経
験はあるけどごく浅い方。興味がある方はこのプ
ロジェクトにぜひ参加してください!

http://www.daiku.or.jp/

サイトウ建築(株)ご依頼・お見積・ご相談など、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。愛知県あま市甚目寺桑丸56 営業時間 8:00~18:00 Tel.052-444-0269

メールでのお問い合わせはこちら

ページの上に戻る